肩甲骨付近(脇の少し後ろ)の痛み(40代、女性)

いつも夜勤あがりで朝一番で来院のIさん。

力仕事やじっとイスに座った姿勢での仕事が多いので、いつもは腰の痛みをうったえるが、この日の主症状は違った。

「肩?背中?が痛い」

と言われるのでどのあたりか聞いてみると、肩甲骨の外側のあたり。

Iさんの場合右の肩甲骨付近だったが、左手を体の前から回し、右の肩甲骨に触ろうとした時にギリギリ触れるところ。

動かしたり動かされたりでは痛みはなし。

水平に挙げた右腕を体の前方向にもってくる時、負荷がかかると痛む。

(腕を横に伸ばした状態で前にある何かを押す時に力を入れると痛みが出る)

まずは神経のチェック。

首や背骨の神経のチェックでは特に変化なし。

今度は姿勢のチェック。

肩や肩甲骨・首などの症状の場合、姿勢が関係していることがあるが、これも変化なし。

後は肩自体の問題かも?と思ったが普通に動かす時は痛くもないし、動きの引っ掛かりなどをみてもそれほど異常はなさそう。

そこでもう一度全体的にチェックしてみると、なにやら気になる個所が・・・

右の骨盤がひどく開いている。

「もしや・・・」と思い骨盤で肩の痛みをチェックしてみると・・・

ビンゴ~!

痛みは消えました!

脇の後ろあたりの痛みは骨盤が関係していることがありますが、この方の場合もそうでした。

骨盤を閉じていくと、腕に力を入れても大丈夫。

痛みはありません。

骨盤のゆがみって恐ろしい・・・

改めて感じる症例でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加