ふくらはぎ~足裏の痛み(大学生、男性)

春は新生活の始まるシーズン。
希望や不安を胸に新たな生活をスタートさせる方が増えます。
それと同時に、新しい生活環境にすぐには適応出来ず体調を崩す方も多くなるのも事実。
当院に中学生の時から通って頂いている患者さんもその一人。
元々腰痛で通院して頂いてまして、ここ数年はメンテナンスの為に月1回来院です。
この春から大学生になり、今までの自転車通学から電車通学に代わり、満員電車に揺られての通学です。
そうしたら久しぶりに腰痛が再発し、加えてふくはぎの痛みも出てきました。
足の裏まで痛くなっているようです。
ギューギュー詰めの電車に立っているのは足腰に答えます。
腰痛がある方は下半身がゆがんでいることが多く、一般的には股関節や膝が外向きになります。
この方も例外ではなく、かなり外向きになっています。
ですので下半身の矯正から始めます。
最初にふくらはぎをチェックするとかなりパンパン。と言うかカチカチ。
こんなに固くなるものなのか、と思おうくらい。
まずは骨盤を矯正した後、股関節を矯正。
膝もかなりひねっているので矯正していきます。
両脚を矯正していったところで立ってもらいふくらはぎをチェックしてもらいます。
痛みはかなり減り、だいぶましになったようです。
触った感じも固さが取れ柔らかくなりました。
生活環境の変化に体がまだ対応していないようですし、電車通学での悪いクセ(立ち方や体重のかけ方)が体を完全にゆがめる前にもう一度矯正した方がいいと思い、次回の予約はいつもより早めに取っていただきました。
これから毎日通学で利用する電車に慣れていくことも大切ですし、それに耐えられる体をつくっていくことも大事になります。
楽しい学生生活を送るためにも体をしっかり整えておきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加