あごの違和感(10代、学生)

最近、あごのお悩みを抱えた方が来院されることが多いです。

症状としては、
・あごを動かすとガクガクする
・大きく開けると痛む時がある
・夜寝る時にあごに違和感があってなかなか寝付けない

そんな事がしばらく前からあり、歯医者や病院を受診したが原因や効果的な治療はなく、医師からは「一生付き合っていくしかないですね」と言われ途方にくれていたそうです。

そんな時に当院をフリーペーパーで見付け来院されました。

あごの動きをみるとかなりゆがみがあり、左右に大きくズレながら動いていました。

夜は仰向けで寝ていると、あごが床方向に下がってくる感じで窮屈さを覚え、なんとか楽な体勢はないかと色々と体の向きを変えながら寝るのですが、それでも違和感は解消されません。

これはかなり辛そうです。

基本的には、あごの症状というのは上半身のゆがみ・アンバランスさが原因の事が多いです。

顎関節症も関節の軟骨の問題でなければ、そのほとんどはいわゆる”コリ”からくるものです。

この方の場合、意外に姿勢は良くコリもそれ程強く感じている訳ではないようでした。

ですが、首の筋肉が非常に硬く張っていました。

それは特に噛み合わせに関係する筋肉なのでその筋肉の硬さも原因の1つと考えられます。

矯正はまずは背骨から。

その後肋骨・肩甲骨・頭蓋骨・首の筋肉の調整をして、最後に顎関節の矯正をしていきまいた。

2回目に来院された時は症状は少し改善してきた様子でした。

気になっていた首の筋肉の張りも、当初の硬さの1/3程になっており変化がみられました。

3回目の施術はゴールデンウィークを挟んでしまって前回よりも期間が空いてしまった為か、症状が少し戻ってきた感じ。

首の付け根のコリの様なものが気になってきた模様。

しかし最初の様な違和感は減っています。

4回目はまた1週間後に来院して頂き、その時にはあごの状態がかなり良くなっているようでした。

夜寝る時の違和感もほとんどなくなりよく眠れるようになったそうです。

この時点で感覚的には7・8割改善した感じです。

次回は少し期間を開けて様子をみることにしました。

”歯科や口腔外科、病院を受診しても納得出来るような説明や治療効果なかなか得られず困っている”

という、あご周辺のお悩みを抱えている方は結構多くいらっしゃるのだと改めて感じました。

そのような場合、整体で解決出来るかもしれません。

お困りの方は、セカンドオピニオンとして違った療法も検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加