股関節腰痛

来院される患者様からよく「きのうテレビで腰痛のことやってたけど、あれはどうなの?」と聞かれたりします。

どんな番組でも大きく間違っていることはまずないので「それもありですね」と答えます。

 

先週、また腰痛の特集があったようなので問い合わせを受けました。

NHKの「ためしてガッテン」でやっていた”股関節腰痛”についてです。

 

いろいろ試しても良くならない腰痛の原因は股関節かも!?

と題して、そのメカニズムやチェック方法、腰痛を改善させる体操を紹介していました。

 

股関節の異常から起こる腰痛ってよくあります

一般的には”痛いトコロが悪いから腰が痛ければ腰をマッサージすれば治る”って思っている方が多いようです。

でも実際には、股関節が原因となっているケースもあります。

 

よくある股関節腰痛のケースとしては、

1.草取りをした後の腰痛

2.重い物を持った時に起こる腰痛

3.普段の姿勢の悪さから起こる腰痛

などがあります。

 

1はしゃがんだ姿勢を長く続けたことで股関節が曲がったまま固定され、2は強い負荷が股関節にかかったことで、両方共、股関節を動かすの筋肉が縮んで固まった結果腰痛になるパターン。

3は、

長年のねこ背などの姿勢の悪さによって股関節がゆがんだまま固定されてしまって、

自由で滑らかな動きが出来なくなってしまい、

股関節の代わりに腰がその動きをかばうので腰が痛くなる。

 

同じ股関節が原因の腰痛でも、ちょっと違いがあります。

 

 

なかなか良くならない症状や酷い症状は、自分で思っているのとは違う要因があります。

そんな時は骨格の専門家である当院にお任せ下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加