手のしびれ(50代、男性)

当院に通われている方からのご紹介で来院されたMさん。

手のしびれが酷いということでした。

ちょうど当院に来院されていた頃は歯医者も通ってみえたのですが、

「歯医者の治療台に寝かされると、しびれがビンビンきてとても耐えられない・・・」

と訴えていました。

 

お仕事はほぼ1日パソコンに向かっているので、その影響が大きいようでした。

 

初回の施術では、骨盤と股関節・背骨を矯正していきました。

手のしびれは頚椎での神経圧迫や腕を通っている神経を圧迫している、と考えるのが普通です。

ですが一般的に、一部分だけ(この方の場合だと首だけ)が悪くなるということはなく、体全体のバランスが重要になります。

骨盤や股関節も手のしびれに直接関係してくるケースもあります。

また、骨盤や股関節は体を支える土台なので、そこを安定させないと首だけをいくら矯正しても良くなりません。

 

背骨の矯正はあお向けで行っていきましたが、1分もすると手にしびれが出てきます。

なので、体を少し起こし気味にして首への負担を極力減らし、時々体を起こして休憩しながら、背骨を順番に矯正していきました。

 

2回目の施術は3日後。

状態はあまり変化がなく、まだしびれがあるということでした。

また背骨の硬さが出てきていたので、初回と同じ施術でもう一度背骨を丹念に矯正していきました。

やはり施術中にしびれは出てくるものの、初回の時よりかは少しましな感じでした。

3回目も早めに来院して頂きたかったですが、お仕事の関係で10日後しか来れないとのこと。

その間にも歯医者の予約も入っていて不安はありましたが、やむを得ません。

 

そして10日後、状態をお聞きすると、

「しびれはまだあるけど、歯の治療中もだいぶ楽になった。最初と比べると7割くらい良くなった感じだよ!」

とおっしゃっていました。

その日の施術中はあお向けで寝ていてもしびれは無し。

辛くて何度も起き上がらないとダメだった背骨の矯正も、その日は起き上がることなく受けて頂くことができました。

 

4回目の来院時には、しびれは9割改善。

歯の治療も問題なく受けれたそうです。

 

 

長時間のパソコン仕事が原因の症状はたくさんあります。

その1つが手のしびれです。

放っておくと首に激痛が出るケースもありますので、早めの対処を心がけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加