膝の痛み

b6244159889d29c7a73a2cf7b747048d_s

今日、約6年ぶりにおみえになったNさん。

膝が痛くなってきたということで久しぶりに来院されました。

以前は右の膝が痛かった時がありましたが、今回は左膝の内側の痛み。

立ち仕事もあり、リフトに乗ることもあり、下半身には負担がかかりやすい状況です。

特に何かやった覚えはないということですが、痛みがあるということは体のどこかがゆがんでいる可能性が高いです。

 

まずは骨盤からチェックします。

骨盤は全体的に硬く、右側は外に開き、左側は後ろに倒れていました。

股関節は右側が内向きに、左側は外向きにそれぞれひねっています。

膝は痛みのある左膝が若干硬い状態。

しゃがむ時やしゃがんでから立ち上がる時、階段を登る時に痛みや異和漢を感じる、ということでした。

 

膝が痛くても、矯正はまず骨盤から。

骨盤がゆがんで固まってしまうと膝の動きにも影響して膝が痛くなることがあります。

それから股関節・膝・足首へと矯正を進めていきましたが、それにしてもどこを触っても硬い。

6年間のゆがみが溜まっているので無理もないか。。。

”ここまで頑張ってきたNさんの体、お疲れ様でした。今日は楽になってね。”

と思いつつ、両脚全体を矯正し終わってゆがみ・硬さはかなり良くなったので、一度立っていただきしゃがんでみもらうことに。

 

「最初よりはいいけど、まだ違和感が・・・」

 

はい、こういうケースよくあります。

じっとしている姿勢ではゆがみも減って関節の動きも良くなっている。でも動くと痛い。

これ、”レントゲンを撮ったけど異常無し”と言われる時によくあります。

どういうことかと言うと、動いた時、関節がある角度になった時にキレイに動いていない、ということです。

レントゲンではそこまでみません。

 

なので、今度は痛みの出る動きや角度で膝を再調整。

すると、痛みはなくなりました。

 

今回は痛みが酷くなる前に来院されたので改善も早かったです。

 

 

Nさんが最初に来院された時は高校生の娘さんもご一緒に来院されていました。

聞けばもう20代後半になっているそうで、時の流れの速さを感じます。

自分も年を取った訳だと痛感します。

でもこうして6年経ってもまた当院を頼ってきて頂けるのはホントにありがたいことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加