スタッフ紹介

笹井 公詞

笹井 公詞

出身
愛知県扶桑町
生年月日
1975年 7月 11日
血液型
典型的なA型
趣味
映画鑑賞(夢はホームシアター)        音楽鑑賞(イヤホン、ヘッドホン集め)     ファンスキー(子供が生まれてからはご無沙汰) 
特技
合気道(五段 指導者資格 23年)

整体師になったきっかけは【肩たたき】と【ヘルニア】と【合気道】

整体師になったきっかけは【肩たたき】と【ヘルニア】と【合気道】

■父親にしてもらった肩たたき

小学生の時によく父親に肩をたたいてもらってました。確かに肩こりもありましが(ピップエレキバンを張って「肩が楽だなぁ」と感じた記憶があります)

肩こり解消の為ではなく、親子のコミュニケーションみたいな感じです。たまに交代して僕が父親の肩をたたくこともありました。

それで肩たたきが上手になって「将来整体師になろう」と思うようになった、、、訳ではありません。

でも、「こういう風に揉んだら気持ちいいだろうな」とか「そこをたたかれると痛いな」とか「やってもらった後は心も体も気持ちいい」と子供ながらに思い、こういう体験が今の基礎になってるんじゃないでしょうか。

■母親の椎間板ヘルニア

社会人になって暫くした時、母親が腰椎の椎間板ヘルニアになりました。日常生活の全ての動きで激痛があるので父が介助してなんとか動ける状態。整形外科で注射を打って痛みは治まりましたが、数日間は見ているこっちも辛いものでした。

この時は整体のせの字もしらない時で、「自分は何もしてやれない」という無力感を感じるばかりでした。

■生きてる実感を得た合気道

子供の頃からちょっと変わったものが好きで、小学生の時にちょくちょく見ていたのは、オカルト系の「ムー」という雑誌。宇宙人や未確認生物、魔術なんかに興味を持ちました。

そういう世界に傾倒する訳ではないですが、どうやらマイナーなものに興味を感じる性格のようで、好きなテレビ番組は”タモリ倶楽部”です。

 

そんな性格故か、高校に入学した時に気になった部活動が合気道だったんです。

合気道がどういったものかもよく分かりませんでしたが、とりあえず入部しました。受け身を教えてもらったら、部活が始まる前の時間にひたすら受け身ばっかり稽古していて、顧問の先生から「今までの部員の中で、お前らが一番早く受け身を覚えた」と言われる程にまでなりました。とにかくバカみたいにやってましたから。

そしたら、先生の道場仲間だという方が時折みえるようになり、その人に投げられるようになりました。僕達は受け身を早く覚えたとは言えまだまだ初心者。そんなシロートに毛が生えた程度の学生をバンバン投げるんです。10代の活きがいい学生ですから投げる方も楽しかったんでしょう。

体が畳に叩きつけられるのを必死になって受け身を取る。これが結構キツかった。でもこの時、普通なら「こんな無茶苦茶やりやがって!」と怒るのかもしれませんが、僕は不思議とイヤな気持ちにはなりませんでした。むしろ、ある意味この危機的な状況で全身を目一杯使って対応している事に妙な充実感を覚えたのです。

その感覚を得たからか、合気道は現在でも続けてます。

たまたま始めた合気道ですが、僕の人生に大きく影響するものとなりました。何故なら、人の体に興味を持って整体という仕事を選ぶきっかけになったり、人生を共にする嫁さんと道場で出会ったからです。

整体院の役割りは?

整体院の役割りは?

■コストパフォーマンスは高いマッサージ

現在、治療院はコンビニよりも数が多いと言われています。ショッピングモールの中にある筋肉をほぐしてくれるマッサージ的な整体や、機械を使って施療する接骨院。安くて長く揉みほぐしてくれるマッサージ屋さんも増えました。

一時の癒やしを得るため。揉みほぐしてもらって満足感を味わうため。とにかく安くやって欲しい。そんな方にはマッサージがオススメです。

■大勢の方を受け入れ、検査設備が整っている医療機関

マッサージには通っていてもある程度症状が酷くなってくるとそういう所では症状を改善させるのは難しくなります。すると次に向かう先は整形外科や病院などの医療機関。レントゲンやMRIなどの画像検査をしてくれます。その後、湿布を処方されたり、投薬、注射、リハビリを行います。

ただ、検査で異常が見つからないケースもよくあります。

「こんなに痛いのに何で異常無しなの?」って思ったことありませんか?西洋医学的にみる異常と整体師が着目する異常は違います。だから”腰痛の80%は原因不明”なんて言われるのです。

 

■「様子をみましょう」と「手術」の間を埋めるのが整体

医師:「検査では異常は無いので、しばらく様子をみましょう」

あなた:「そう言われても、痛いものは痛いんだけど・・・」

 

医師:「筋肉をつけてください」

あなた:「筋肉つけるってどうすればいいの?ていうか、そもそも痛いから動くのも大変・・・」

 

医師:「年だからしょうがないですよ」

あなた:「それを言われちゃったら・・・ 私どうすればいいの?」

 

”なるべく自然な方法で治したい”

”出来るだけ手術は避けたい”

なんとかしたいと思い本やDVDを見ながらストレッチ・体操をやってみた。スポーツジムに行って体を鍛えたらどうだろう?食事の内容に気を付けて栄養面を見直した方がいいのでは?睡眠時間をしっかりとり生活のリズムを正すことから始めてみようかな。

でも、自己管理をきちんとするのは苦手だし、日々の忙しさに加え体のケアをするのは大変・・・

 

こんな経験ありませんか?

 

そんな時はプロに頼ってみてはどうでしょうか。

整体師は体を整える専門家です。医療機関でも良くなれなかった方にも不調の原因は必ずあります。それを医学的観点とは違った角度から体をみることで症状が改善される場合が多いです。

また、医療機関は患者さんを多く抱えていて、一人一人に手厚く親身になって対応している余裕がありません。「整形に行ってたけど、先生はわたしの顔すら見てくれない」なんて嘆いている方のお話を聞くこともあります。

当院は施術者は1人ですが、1人だからこそお客様一人一人のお体の状態は全部て把握しています。だからきめ細かいケアが出来ます。

やはり自分1人で問題を解決するのは大変です。豊富な知識と技術で正しい方向に導いてくれる人がいると、早く楽になりますよね。

 

医療機関の結果とは違う意見を求める”セカンドオピニオン”として。

頼もしく信頼できる”パートナー”として。

あれこれ試したけど良くなれず、でもなんとかしたい”最後の砦”として。

そのように整体院を頼って頂けると幸いです。

 

それが整体院の役割りではないかと思ってます。

整体は『足し算』ではなく『引き算』

まだ刺激が欲しいですか?

元気そうな方でも体のどこかに不調を抱えていることってよくあります。「仕事が忙しい」「運動不足だから」「子供に手がかかる」など理由は様々ですが、体や頭をちゃんと休められない状況にある方が多いです。

現代社会はネット社会。1人1台スマホを持って、暇さえあればず~っとにらめっこ。SNSをチェックしたり、動画やゲームを楽しんでます。たくさんの情報が頭を刺激し、ブルーライトや電磁波が体を刺激しています。

仕事での疲れやストレスを癒やしたいと思い、マッサージ屋さんでグイグイ・モミモミ。

 

でもちょっと待って下さい。

 

ストレス・疲れ・その他の刺激を毎日体に与えていて、また体にマッサージという刺激を入れますか?

揉みほぐしてもらうと、気持ちは満足するかもしれないけど体は新たな刺激で更に疲れてしまいます。

 

体調を回復させるには、毎日体に溜まった余分なモノを取り除く必要があります。

パソコンだって、長年使っているといろんなデータが溜まっていき、そのうち動作が重くなります。そんな時はどうしますか?クリーニングして余分なデータを消してキレイにするはずです。

体も同じなんです。

 

整体にも色々ありますが、当院の整体は体に溜まった不純物を取り去り体本来の純水な状態に近づけていく、いわば『引き算の整体』です。

元々は天然水のようだったあなたの体は、いつの間にか濁ってしまっていませんか?

情報過多な現代社会だからこそ、付け加えるのではなく、取り除きシンプルにしていくという選択をされてはいかがでしょうか?